top of page

COVID-19の渡航措置撤廃

2022年12月1日(木)より、COVID-19の渡航措置撤廃され、コロナ前のプロトコルに戻ります。


セーシェルで下船するワクチン未接種および部分接種の旅行者は、入国許可を得るためのPCRまたは抗原検査の陰性証明を提示する必要がなくなりました。同様に、ワクチン接種を受けた旅行者も、ワクチン接種の証明書を提示する必要はありません。


ただし、すべての旅行者は万一の場合に備えてCOVID-19に関連する費用をカバーするための旅行保険に入っていることを証明するために、www.govtas.sc からオンラインで旅行申告を行う必要があります。

コメント


bottom of page