top of page

ビジターアドバイザリー 2022

陸路で入国する場合の条件

PCRテスト陰性結果

未接種または一部接種の方は、セーシェル出発前72時間以内のPCR検査、または24時間以内の公認検査機関での迅速抗原性検査で陰性であることを提示する必要があります。

PCRテスト免除

完全な予防接種を受けた旅行者は、渡航前のPCR検査が免除されます。

また、渡航前2週間から12週間の間にCOVID-19ウイルスに陽性反応した渡航者は、感染と回復の証明を提出することで免除されます。

2歳未満の無症状児は、PCR検査または抗原検査の実施が免除されます。

注)予防接種の必要性

18歳以上の個人は、Covid-19ワクチンの初回2回接種(初回シリーズ終了後6カ月経過後のブースター接種を含む)を受けています。

12歳以上18歳未満の方は、2回のワクチン接種で済みます。


その他の必須条件

  • 渡航認証(TA)

セーシェルへの入国にはビザは必要ありませんが、旅行者はseychelles.govtas.comの旅行認可(TA)プラットフォームから入国を申請する必要があります。

  • ワクチン接種証明書(6ヶ月以内のもの)または同等の書類

  • 有効な旅行保険

  • COVID-19に関連する潜在的な費用(隔離、検疫、治療)をカバーする有効な医療保険。

注意:TA書類は渡航に不可欠な書類で、チェックインカウンターで要求されます。TA書類を提出されない場合、航空会社によりセイシェルへの搭乗が許可されません。


海路での入国条件

旅行者は、電子メールにて pha@health.gov.sc まで入国申請を行い、旅行認可を得る必要があります。


その他の必須条件

  • 有効な旅行保険

  • COVID-19に関連する潜在的な費用(隔離、検疫、治療)をカバーする有効な医療保険。

海路で入国する場合、最終寄港地から10日以上海上で過ごし、その間にCOVID-19の症状がないことが条件となります。

到着時または5日目のPCR検査は必要ありませんが、訪問者または乗組員が海上または船上での10日間が経過する前に下船を希望する場合、到着時にCOVID-19 PCR検査(有料)を実施し、すべての結果が陰性であることが必要とされます。

最新記事

すべて表示

セーシェルで非常事態宣言が解除

マヘ島のプロビデンス工業地帯で発生した爆発事故や、セーシェル本島北部を襲った地滑りや洪水を受け、大統領が12月7日(木)午前6時に非常事態宣言を発令しました。 観光局は、ボー・バロンとベル・オンブル地域のいくつかの施設が被害を受けたにもかかわらず、観光客に被害がなかったことを確認。また、国家緊急オペレーションセンター(NEOC)は、各政府機関およびセーシェル赤十字と協力し、被災地の徹底的な調査を行

bottom of page