top of page

セーシェルに入国する完全予防接種の訪問者はPCRテストは必要ありません

セーシェルではギアチェンジを行い、訪問者はPCRテスト陰性の提示なしに入国できるようになりました。


2022年3月15日より、18歳以上の旅行者は、Covid-19ワクチンの初回接種を2回受け、初回接種終了から6ヶ月後に追加接種を受けた場合、完全な予防接種を受けたとみなされます。12歳から18歳の訪問者は、2回のワクチン接種で完全免疫となります。


ワクチン未接種または一部接種者は、セーシェル出発前72時間以内にPCR検査で陰性であること、または24時間以内に認定検査機関で行われた迅速抗原検査を提出することが必要です。


旅行前2週間から12週間の間にCOVID-19ウイルスに陽性反応を示した潜在的旅行者は、感染と回復の証明を提出することで、旅行前のCOVID-19検査が免除されます。


予防接種の有無にかかわらず、世界中のすべての旅行者に国境を開放してからわずか1年、この基本的な動きは、セーシェルが旅行先としてよりアクセスしやすく、競争力を高めることを目的としています。


安全な観光体験が不可欠であることに変わりはないため、すべての訪問者は、医療保険に加えて旅行保険に加入する必要があり、認定された宿泊施設に滞在することが推奨されます。また、旅行前に旅行認可を取得することが義務付けられています。


シェリン・フランシス観光局主席秘書官は、国がとった新しい措置は、業界の回復の現段階では必要なものであると述べています。


「完全な予防接種を受けた観光客に対するPCRテストの免除は、セーシェルにとって素晴らしいニュースです。規制が撤廃され、多くの旅行先が入国のためのPCR要件を見直す中、潜在的な旅行者の関心を維持するために、旅行先として必要なステップでした。産業界として、私たちは安全な観光を約束し、満足することなく、私たちの国民と訪問者を守るために警戒を怠りません」とフランシス夫人は述べています。


また、2022年3月1日から施行されたバーやカジノなどの娯楽施設の夜間外出禁止令や閉店時間の撤廃など、その他の制限も最近緩和されました。

最新記事

すべて表示

Komentar


bottom of page